電卓

相続放棄の手続きは仕事が早い大阪の司法書士に任せよう

大阪にある司法書士事務所で相続放棄すれば問題は起こりにくい

相続税申告書

故人の残した遺産を一切受け取らないことを相続放棄と言います。相続権が発生するのは、その人にとって被相続人に該当する人が、すでに亡くなったことを知った時点からなので、既に亡くなってから数年経過している時でも、亡くなった事実を知ってから三か月以内なら相続放棄することが可能です。
離婚で離ればなれになった親が亡くなったことを知ったのが他の親族に比べて遅かった時など、相続放棄をするにはもう遅すぎるのかと心配することはありません。この相続放棄をすることで、遺産の分割や相続に関するトラブルを避けることができたり、借金などを押し付けられるリスクがなくなります。親戚と揉めるのが面倒な人にとってはありがたいことでしょう。
ただ、必要な書類をすべてそろえた状態で、家庭裁判所に早めに申述書を提出しなくてはいけないので、相続放棄は大阪の司法書士事務所に相談して準備をする方が安心です。申述書などをどう書けばいいのかわからない時も、大阪の司法書士事務所がバックアップしてくれます。せっかく書類を用意したのに足りないものがあった、提出するべき書類の記述が間違っていたなどの失敗で、相続放棄の期限の三か月をオーバーすることがないように、最初から大阪の法律の専門家の力を借りましょう。

choices contents

Copyright © 2020 相続放棄の手続きは仕事が早い大阪の司法書士に任せよう All Rights Reserved.